ベビーシッターから学ぶ

最新のベビーシッター情報まとめ

ベビーシッターになるには国家資格などは必要ありません。
子供が好きな方や子育て経験がある方には向いている職種で誰でも挑戦することができます。
通信教育ではベビーシッターをするうえで必要な知識や実践的な遊びなどがご自宅に居ながら身につけることができます。
講座の修了後には、認定証をもらうこともできる通信教育もあり、知識が身についていると客観的に判断してもらえるでしょう。
学習はもちろん、お仕事を始めるのに必要なアイテムがついている講座などもあります。

通信教育でベビーシッターになれるのか

通信教育でベビーシッターになれるのか 共働きの世帯が増え、待機児童問題もあることからベビーシッターとしてのニーズは高まる一方です。
子供が好きで保育の仕事をしてみたいという方や、子育て経験を活かして子供達と関わるお仕事を始めたいという方にぴったりなのがベビーシッターのお仕事です。
特に必要な資格はありませんので誰でもチャレンジできますが、子供の成長過程にふさわしい遊びや子供の安全を守るために必要な知識があります。
また、保護者にも信頼されることが必要になってくるのです。
通信教育を通じて知識を身につけておくと、仕事を始める前に安心です。
遊びの方法など、現場経験を積んでいないとわからない部分もありますので、是非お仕事を始める前に役立ててみてください。

ベビーシッター講座で学べること

ベビーシッター講座で学べること 保育園の数が少なく、待機児童が毎年100万人以上いることが社会問題になっています。
働きに行きたいのに行けない、持病があって子育てが出来ないという方には深刻な現状が続いており厚生労働省と文部科学省は保育士やベビーシッターを目指す方々への助成金を2020年度までに支給する方針を固めています。
ベビーシッターの需要は今後高まりをみせ、高額報酬も見込める職業になることでしょう。
保育士とは違って専門学校等に通う必要がなく、通信教育講座で短期間で必要なスキルを身につけられるのも魅力のひとつです。
講座で学ぶことは、保育の状況や歴史といった教養分野とベビーシッターに必要な基礎知識と小児医学分野になります。
基礎知識の中には、シッターとして必ず必要になる幼児の食事メニューと栄養学も含まれ育ち盛りの子供に必要な食物エネルギーと子供が嫌がらずに食べてくれる献立など子育てに役立つ勉強をすることも可能です。
約4ヶ月間の講座受講になり、レポート提出を行なって全カリキュラムを修了すれば「ベビーシッター技能認定」資格を与えられます。
実技や研修等が一切必要ないので、お仕事をお持ちの方で転職を考えている方でも気軽に学ぶことができます。

新着情報

◎2018/8/6

就業する際に確認すべきこと
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

ベビーシッターと社会の関わり
の情報を更新しました。

◎2018/4/9

サイト公開しました

「ベビーシッター 児童」
に関連するツイート
Twitter